ここ最近の自分の行動

ここ最近パチスロに行くことが多くなりました。元々興味があり仲のいい友人から誘われて行って遊んでから、ハマってしまいました。はじめは友人と一緒にしか行きませんでしたが、回数を重ね雰囲気に慣れてくると一人でも行くようになってしまいました。

始めた当初はビギナーズラックとでもいうのでしょうか、一日で自分が働いているアルバイトの平均月給近く稼げることもあり、楽しいスロットライフを過ごしていましたが、少しずつボロが出始めたった二か月で10万近く負けていました。やめなければ…と思うのですがボロ勝ちしたときの嬉しさと友人に誘われるとついつい行ってしまいます。

最近私生活でもストレスが溜まりスロットでも負けてお金が無くなりと散々な日々です。

そんななか何かお小遣いを稼げるものはないかと探していたらクラウドワークスというサイトを見つけ、合わなかったらすぐやめようと思いつつ会員登録。元々趣味でPCを触ることも多く家でもできるしちょうどいいかなと思っていました。まだ始めたばかりですが自分に合った仕事がたくさんあるのでとてもよかったです。

ただ少し怖いのが自分がめんどくさがりなのと飽き性なので長く続くかなぁということです(笑)

まだまだこれからですが楽しくのんびりやっていこうと思います。

ニキビは宿敵

私は中学生から30歳になるまで、ずっとニキビと戦っていました。

中学生のときは主に顔ニキビと、社会人になってからは、顔ニキビと背中ニキビが悩みでした。確かに原因は理解していたつもりです。

その原因とは、「食生活」「お菓子」「乾燥」「汚れ詰まり」つまりニキビの一般的な理由です。

今まで私の対策として行なっていたことは、「大人ニキビ用の洗顔フォーム」「ニキビ用の化粧水・乳液」「しっとりタイプの化粧水等で保湿」だけでした。

でも、それでは何の解決にもならないことが実感して分かったのはつい最近のこと。
hygiene--wipe--bath-sponges--material_3338355
一番大切なのは「食生活」です。食生活が乱れたままだと、ニキビは永遠に治らず、更にストレスを作るだけだと思い、見直した結果、数日間でニキビは薄くなり、私の場合ニキビ跡として残りもしませんでした。更に、便秘にも悩んでいましたが、それも解決してしまい、有る意味一石二鳥、2つのストレスもなくなったことで一石三鳥でした。

某CMのニキビ対策グッズを私は購入したことがありませんが、その商品の効能は「潤い」だと聞いたことがあります。しかし、それだけでは私は解決にならないことがわかりました。
これからも、ニキビが宿敵にならないようにするためにも、「食生活」の見直しをし、健康な肌で在りたいと思います。

世界の料理を食べよう

最近、私がいろいろ試してみたいことが世界各国の料理を食べること。もともと食べるのが好きで、さらに大人になってできた友達が食することを大事に生きている人だったので、自分もこんな風に食べることを楽しんで生きていこうという気持ちになってきました。

いろんなレストランなどに行くようにしているのですが、お気に入りの食べ物にいつも落ち着いてしまい、幅広くジャンルを開拓しようということになり、世界各国を試しています。最近、行ったのはペルー料理。東京のペルー料理で検索しても限られたお店しか出てこないのでお店に迷うことはありません。

私が行ったのはちょっと人気のお店で仕事の終わりが遅く、レストランに行った時間が遅めだったのもタイミングよく、週末でも席を取ることができました。ウェイトレスさんも私たちが見るからにペルー料理初心者というのを感じたらしく、親切にメニューを説明してくれました。料理自体は何の抵抗もなくおいしく食べることができました。

私は鶏、豚、牛以外のお肉が苦手なので外国料理には注意することが多いのですが、ペルー料理はほとんどお肉は豚で、お料理全体もヘルシーな構成で女性にはすごく嬉しい内容でした。女子会でも活躍しそうなレストランだったので、また行きたいお店の一つになりました。

「残念な夫」たちに望むこと

今クール、まわりのママ友さんたちの一番の注目ドラマは「残念な夫」でした。

地域の子育て施設にもコラボしたポスターが貼ってあったりして、かなり主婦層に頑張って働きかけをしていた印象が強いです。しかしまぁ、玉木宏は未婚ながらかなりレベルの高い(?)残念な夫っぷりを発揮していましたね。

想像力であそこまで演じられるのは素晴らしいです。子育てって、ホントに経験してみないとわからないことだらけだし、実際経験しても十人十色でまったく正解がないというか…なので日々子供と向き合い続けている妻にとってはどんな夫でも多少「残念な」気がしてしまうのです。

ドラマを観ていて一番うまく描かれているな、とかんじたのは、夫がほんの数時間だけ子供の世話をした後に、「オレはこの数時間がんばった!」とドヤ顔をしているのに対して妻が「はぁ!?こっちは24時間なんですけど!」というようなところ。

そこはかなりリアルな部分で、母親業は、文字通り24時間休みなしなんですよね。たとえ寝ているときでも神経は子供に向いていて、寝息や寝返りの気配を感じ取っているのです。

そしてワタシが思うに、世間のお母さんたちは、それを旦那さんに変わってもらいたいとは思っていなくて、せめて理解していて欲しいんですよね。

もし心の奥底では「母親なんだから当たり前だろ」と思っていても、「いつも子供のことを気にかけてくれてありがとう」と言葉にして伝えて欲しいな、と思います。

結婚を後悔する時。

明日は父の四十九日法要です。
お供えを用意していると、夫が
「1万円くらいだろう」

夫婦での参加であれば、相場は2万円。
まして、うちは子連れです。

なんでそんなことも知らないのでしょうか?

呆れる私に、更なる追い討ちがありました。
「そういえば、香典返しって貰ったか?」

普通は四十九日の後に返すものでしょう?
というか、親の葬儀なのに夫が用意した香典は3万円。
私の実家の方ではこれまでなら、親族5万円、子ともなれば10万円。
夫に任せきりだった私が良くなかったとはいえ、余りに少ない額で恥ずかしかったのに、まさか香典返しが欲しいと言われるとは!

それも「お前の親は、きちんとお返しもしないのか」というニュアンスを込めて…。

ぅうむ…なんだか、幾重にも情けないです。

これまでも結婚を後悔した瞬間は何度もありました。
「これまでは無理をしていた」と堂々といい放ち、手をつないでくれなくなったとき。
「もったいない」と、外で一緒にお茶してくれなくなったとき。
年取っても仲良くデートできる相手が欲しくて結婚したのに、アテが外れたと思ったものです。

口がとても悪く、喧嘩をしている訳ではないのに「ブタ」だの「アホ」だの言われても、喧嘩をして殴られても、根は良い人だからと許してきたのです。

夫の根本的な人間性を疑ったのは、今回が始めてでした。
自分が常識知らずであるということを知らず、見返りを欲しがり、人の親を揶揄するとは。

夫に悪気が無い以上、私が我慢するしかないでしょうが、結婚前に親に「育ちが違う」と反対されたことをつい、思い出してしまいます。

あー…結婚しなければ良かったなぁ、と思ってしまった夜なのでした。

高齢者の車の運転

142640535c299e66ac0784c739d2e04a_s
私はある金融機関に勤めています。配属された支店が田舎にあるために、毎日多くの高齢者の方とお会いする機会があります。

とくに70歳から85歳くらいまでの高齢者の方が多く利用してくださる支店ですが、驚くことにそのほとんどの方がご自分で車を運転して来店されます。

軽自動車や軽トラックの方が多くを占めていますが、上手に運転される方ばかりでいつも感心しています。

私が学生だったころ、「おじいさんだから、おばあさんだから、運転はやめた方がいい。」という風に年齢だけにとらわれて、車の運転に対しての偏見を持ってしまっていました。テレビのニュースなどで高齢者の方が事故を起こしたことを知ると、「ほら、やっぱりな。」とふと思ってしまうこともありました。コンビニの駐車場でブレーキとアクセルを踏み間違えて店舗に車ごと突っ込んでいってしまうなど、高齢者の方定番の事故のようになっている気がして仕方なかったのです。

しかし、働きだしてから高齢者の方が車の運転をすることに対しての私の思いが、少しずつ変わっていきました。

ご自分で運転して来店される方の中で、「先日は高齢者講習に行ってきたよ。」「そういえば先週免許証の書き換えに行ってきたよ。」などと、話してくださる方がいます。私はそれを聞くたびにとてもうれしく思います。

自分が運転をしているという自覚をきちんと持たれている高齢者の方にとても良い印象を持ちました。私はいつもご自分で車を運転して来店された高齢者の方に、「気を付けて運転してくださいね!」と笑顔で声をかけるようにしています。

代官山といえば

オシャレな若者とか芸能人がお買い物に行く街、というイメージしかなくて、自分には縁がないと思っていた代官山だったんですが、実はものすごくベビーにやさしい街だということを、子供が産まれてから初めて知りました。

いくつかお店を回れば、ほとんどのメーカーのベビーカーを見ることができるし、お洋服やベビー用品もかわいいものがそろっているし、カフェやレストランも赤ちゃん連れ歓迎のところが多いので、お買い物に疲れたら気軽にひと休みできてありがたいのです。

今日はとっても天気がよかったので、息子と二人で代官山デートしてきました。

ホントは目黒川の桜を見に行きたかったのですが、お花見日和で混雑していたようなので断念。土曜日だからか、いつもよりもパパさんたちをたくさん見かけました。うちはダンナさんのお仕事が忙しいのであまり一緒にお買い物には行けないけど、パパがだっこひもで赤ちゃんをだっこしていたり、ベビーカーを押している姿はなかなか微笑ましいものですね。

今日の戦利品は、おもちゃを片付けるためのかわいいコンテナと、スイミング用のビニールバッグ。そしてセール中だったのでお洋服もたくさんゲットして大満足!ファッションビルには授乳室やおむつ替えスペースも完備されているので、なにも不便をかんじることなく楽しい休日を過ごせました。

友達と経済と株価について談義しました

友達と一ヶ月ごとに、その月にあったニュースの中で気になったものをそれぞれ集めて記事にしているため、今日はどのニュースを使うか選ぶためインターネットで今月あったニュースを読み直していました。その中でギリシャが再び破綻しそうになっていたという記事を見つけたのでこれを今月の記事に使うことにしました。以前、ギリシャが11年に破綻しかけたときも記事にしたため、そのときからの経過を調べて今回なぜ破綻しかけたのか発表すれば面白いと思ったからです。
 昼からはその友達の家にいき、それぞれまとめた記事を発表しました。ギリシャの話は中々受けがよく、政権が変わったせいでこれまでの「財政緊縮」方針から11年以前の「超社会保障」方針に戻そうとしているせいでお金が足りないのだということをよく理解してもらえました。友達は最近の株価の変動とその経済的要因についてまとめており、中国やASEAN、韓国などの影響についても話しました。そして、今後株価がどう動くのか、世界情勢がどうなるのかについて詳しく話しました。夜は先日買ったゲームをプレイしました。しばらく詰まっていたのですが突破口が見えてきたので今週中ぐらいにはクリアできると思います。